[アジング]手元に伝わる巻き感!バグバレットサーチがアジング初心者にもオススメな理由!強風も味方にできるぞ!

オフィシャルパートナーのヒラカワです!

アジングって楽しいですね!しかし、最初の1本を釣り上げるにはなかな苦労しました。というのが、1g程度の軽量ジグヘッドを扱うことが初心者にはなかなかハードルが高い!巻いてる感じがわからず、何をやってるかわからないというのがアジングを始めてとても苦労しました。そして少しでも風が吹こうものなら、ラインとともに仕掛けが流されて釣りにならない、、アジングは、ラインを張るか若干緩むかの絶妙なテンションで魚がいる深さに仕掛けを通すことが重要なのですが、このコツが掴めずに諦めた方も多いのではないでしょうか。

以前、アジング師匠から比較的風が強い日にアジングのお誘いがあって伺った際に教わったのが、ヘッドの前面が水を受けて抵抗が生まれるようになっているジグヘッド(フォール系のジグヘッドだったかな?)とリブがついたワームの組み合わせでした。なんと、これまで巻いている感じが殆どわからなかった私ですが、風速およそ6-8メートルというコンディションでも仕掛けの存在を感じ取れたのです。そして、20cmを超えるアジの強烈な引きを初めて味わいアジング沼にハマった(ハメられた)瞬間でもありました。

そう、この時まではジグヘッドの形状なんて何も考えずに選んでましたが、今考えたら水の抵抗を受けにくい”ダート系”のジグヘッドを多く買ってたと思います。ヘッドの形状って各社色々考えて設計しているのですね!

そして「もっと使いやすいものを作るから〜」と師匠に見せて頂いた開発品がこれ”バグバレット・サーチ”というジグヘッドでした。なんと球体のジグヘッドに目があるwまるで虫(Bug)のようなジグヘッドです!

おそらく、こういう効果を狙ったんだと思うのですが、

この”目”が水を受けて、仕掛けに下に行こうという力を与える→ラインにテンションがかかる→仕掛けの存在感がわかる!

という印象を受けました!

そして実際に使ってみると、苦手だった夜の釣りでも手元に仕掛けの存在感が伝わってくるのです。感度が良いということで、水の流れの変化を探るということにも適してますね!すなわち「虫の知らせ」=「バグバレット・サーチ」なのです!

で、ペーペーの私が離島でひとり爆風の中釣りをした動画がこちら!

強風の中でもバグバレットサーチとアジミルクスクイッドの水の抵抗をガッチリを感じる組み合わせで、20cm超えのアジを連発させることができました。強風というのは水面がざわつき、アジの警戒心も解け、表層付近に浮いてくるオイシイ条件ですね!また、アジは風による流れが波止にぶつかって対流が起こるところに溜まりやすいということもわかりました。

というわけで、初心者がよく陥る「アジングって何をやってるのかさっぱりわからない」ということを解決できるジグヘッドではないかと確信してます。これからアジングを始めてみたいという方オススメですよ!

さらに設計者のコダワリはそれだけじゃない!!いかに効率的に大きなアジを釣っていく工夫がされています!

詳しくはこちらの動画をご覧ください!五十嵐社長にいろいろ伺いました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

バグバレットサーチラージ

次の記事

真釣 ベビースッテ