ショアタチウオテンヤで良型。

皆さん!こんにちは。オフィシャル・パートナーの森です。

5月に入り、魚の活性も上がり…タチウオもいつ入れ喰いモードになるのか…そんな期待を持ちながら私が通うフィールドレポートをします。

まだ、タチウオ自体しっかりとした群れは入っていない感じで、実際テンヤを撃ち込んでも魚信が伝わってこない状況。それでも、潮さえ合えばタチウオと出会えるチャンスあり。

5月5日、仕事仲間3人で出掛けた時、Y君が真釣 誘刃ドリフトの使い方を教えて!と言われましたので私なりのアドバイスをさせて頂きました。

エギングテクニックで喰わせるテンヤ釣法「ドリフト」

潮流に乗せドリフト⇨張らず緩めずのフォール又は表層からはトゥイッチング⇨テンションフォール。中層からならバウンシング⇨テンションフォール。

※フカセ釣りで言うと…全遊動仕掛けの全層釣法ですね。

上から下までじっくりゆっくり探る!と言うことなので基本的にアタリの出方は、ほぼ居食い状態!!ガツガツと餌を噛じっているのが手元に伝わる。その時、ラインは張らず緩めずで待つ。タチウオが走ったら軽くアワセる!などと説明。

丁寧に釣りを続けるY君。

潮流に乗せ絶妙なラインメンディングでタチウオの口へ誘刃ドリフトをアプローチ。

そして、上記で説明した通りの展開に!

餌をガツガツと居食いのアタリ。そしてタチウオが走ったところでアワセを入れフッキング!慎重にやり取りをし姿を見せたのは…

ショアタチウオテンヤ3回目にしてF5サイズをGETしたY君。

見事なサイズ!釣った本人より…私の方が興奮しました!

5月6日、昨夜の事もあり私も負けられない!と思い出掛けてきました。

釣り開始から南の風がちょっと厄介で…釣り辛い。

風、そして潮も速いからその対策で真釣シリーズ10〜12㌘を使用。

※私のテンヤの選択は、水深ではなく潮の速さと風で決めてます。

しばらくして風も落ち、目測で流速1ノット以下ほどになったところで真釣 攻刃10㌘から真釣 誘刃7㌘にチェンジ。

【タチウオが捕食行動に適している流速は0.5〜0.7ノット】

イメージ通りに出来ていればガツガツの居食いのアタリではなく、一気にドンッ!とバイトがある!

しっかりバウンシング釣法で誘い、そして喰わせる!

予想通りリアクションからの即バイトで一気にラインを引ったくっていく強烈な引き!

そんなタチウオの引きを楽しみながら丁寧にやり取りをし釣り上げてみれば私の手のひらいっぱいの指5本サイズ!!

今年になってショアから2本目のF5サイズGET。


バウンシング釣法はタチウオの捕食パターンに理に適った釣法なので、ミスバイトも殆ど無く、写真の様に真釣シリーズ誘刃・攻刃のテンヤ単体で、しっかり口の中でフッキング!

リアクションからフォールに入る瞬間に即バイト!が殆んどです。

一回り小さいF4.5サイズGET。

まだまだデカいタチウオは居ます。ショアテンヤでF6….F7と…仕留めたいですね!

使用タックル…

※ロッド V.I.SOUL VR-X 92S LV2(ショア一つテンヤ専用)

※リール SHIMANO ステラC3000MHG

※PE VARIVAS アバニ ジギング10×10マックスパワーPE X8(0.6号)

※リーダー VARIVAS VEP ショックリーダー [ナイロン](12bl.)

※owner 太刀複合メタル(2号10cm程度使用)

※テンヤ プログレ真釣 誘刃7㌘ルミノスグロー

     プログレ真釣 攻刃10㌘ルミノスグロー

     プログレ真釣 攻刃12㌘ルミノスグロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次の記事

改良パッケージ