北九州イカメタル ᔦ˙灬˙ᔨゞ

皆様はじめまして!

7月よりPROGREオフィシャルパートナーとして活動させていただくことになりましたかっしんです。どうぞよろしくお願いします。

7月8日、オフィシャルパートナーとして初釣行イカメタルに行ってきました。遊漁船は北九州・大里の「宝生丸」さんです。

多少波もあり、時折雨の降る時間帯もあって釣り人にはなかなか厳しい状況でしたが…ここ最近の釣果情報によると、釣れる棚が浮いてきているとのこと。それを聞くと今春発売された「エンペラー」と「クジラー」がますます使いたい✨…なぜか❓

浅い棚でHITするということは必然と手返しが多くなる。…ということは、スッテやメタルのカラーや誘いによるHITパターンがいろいろ模索できるということ。そしてこの日もそれが実現できました。

まずはカラーセレクト。手持ちがすべて揃ってるわけではないので限られてきますが、ローテした中でメタルは「金夜光」、スッテは「早生ミカン」が釣果を伸ばしました。カラーに関しては日や地域によって変わってくると思うので、今後も観察していこうと思います。

誘いのパターンはステイなのか…フォールなのか…。

この日は高活性っていうのも相まって、仕掛けを落としてるとピタッとテンションが抜けることが何度もありました。よくあるフォール中にイカが抱いたっていうアタリです。この両商品の特徴である「安定した水平に近いフォール姿勢」というのが発揮してる日だと捉えました。 

それをヒントに…

目指す棚まで落とし、ステイを長くとるパターン(10秒〜)とステイを短め(5秒未満)で、シャクリ回数を増やしてフォールを多く見せるパターンと試したところ、やはりフォール中にテンションが抜けるアタリが多く、後者の方が大きく釣果を伸ばしました。商品の特徴を捉えたフォール姿勢のアピールが功を奏したのかな❓これも活性状況によって変わってくるかもなので、継続して試していこうと思ってます。

イカメタルシーズン最盛期に「使って楽しい」製品に携われることができて嬉しい限りです。まだ数回釣行予定してるので、いろんなパターンを試して新たな発見があった場合はまた報告していきたいと思います✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA